FC2ブログ

記事一覧

ジム解約した結果、筋トレするようになった

会社の最寄り駅前にある一等地のジムに入会した。

アラフォーになり徐々に新陳代謝が落ちて、体重が増えてきたのがわかったから。

そして何よりガリガリなのにお腹だけ出てる。
地獄の餓鬼のようなプロポーション。

鏡を見るのが嫌になる。そんな自分の体型。

腕立て伏せを試しにやったら0回だった。
1回もできない。プルプルと腕が震えて体重を支えきれずに倒れる自分。

悔しさを通り越すと笑う。自嘲というのか?
そのあとムカつきが心を充満していく。

ジムに入会した。
勢いが大事。考えすぎると面倒くさくなり行動しなくなる。高い入会料を払って行った。

1ヶ月後に退会した。
なぜか?面倒くさいからだ。
運動の気持ちよさより通うことの手間隙、餓鬼体型でフロアをウロウロするストレス。それが嫌だった。

何よりランニングが楽しくない。走るのは好きだけどその場を動かないのは走った感が出ない。

達成感があれば続いた気がするが、直感を信じるので退会。

しかし家で風呂上がりの筋トレは続けてみた。
多少ジムで筋トレをしたときに少しだけ身体に変化があったから。力こぶが少しできた。

これは維持したい。
腰を真っ直ぐ伸ばして腕立て伏せ。

1回できた。次の日は2回。
毎日1回ずつ増やしていく。

そのうち胸と腕が固くなって膨らんでいく。
仕事で疲れたときは休む日もあった。

しかし峠が存在するのか、風呂上がりの筋トレをやらないと気分が悪い、後ろめたい気持ちになり始めた。


面倒なのは確かなのだけどやりおえた後の達成感が筋肉の張りでわかる。

そして腹筋、背筋、スクワットを組み込んでいった。

回数は多くない。しかし皆無だった自分には達成感があった。

170センチ、62キロというスペックは変わらないけれど餓鬼の体型が変わってきた。筋肉に変わってきたことがわかる。



続けていくと何か変わる

直感でジムを退会した。あのまま通っていたらまた違っていたかもしれないが、自宅で筋トレすることが結果的に生活に組み込まれた。

回数よりも負荷をかけることが感覚的に大事だと思った。

脇腹が気になり今は横の腹筋も組み込んでいる。しかし腹筋は割れない。

少しサボると途端に筋肉が落ちる。腕立て伏せが苦しくなる。

そこで諦めるとこれまでの時間が無駄になると思い続けている。結果的に体型維持にも繋がっている。

場当たり的だけど、これも1つの企画と思っている。

餓鬼の体型嫌だ

ジムで健康的に運動しよう

面倒だから退会

筋肉少しついたから家でやろう

辛いけどなんか気持ちいい

筋肉がついてきた、腕立て伏せも連続20回できる

もっともっと!

こんなループ。
失敗しながらもあの手この手でジタバタしながらやっている。

もちろん飽きて辞めるかもしれない。それでもいいと思う。

面白い、楽しいとは違うけど、体型をカッコ良くしたいと言う願望が源泉になっている。

願望はいろいろ。
自分は悔しさだろうか。

今は腹筋を割ること。
最初の目標から成長している。

自分改造。
関連記事

コメント

風格漂う

スマホの一番悪いとこは何だろうか?
それはあまりにも便利過ぎて、楽しすぎるとこだと思う。電車でゲームばかりやっている人を見ればわかる。彼らは「できる」から楽しいのであって、もしも難しすぎるゲームなら全然面白くないはず。
たから、楽しいことは人間を成長させない。
あえて苦しいことをやろう。
筋トレも限界+3回に成長がある。
筋肉はいじめてナンボ。
これからの成長を期待している。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mscleidea

Author:mscleidea
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ